スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

きっかけは時間が支配する

「30分だけこの本を読むと決めるのじゃ。」

30分、長いような短いこの時間。
僕の感覚だと、

休憩の映像にしては長すぎる。
何か描くには短すぎる。
本を読むには足りない。
そんな時間は取れない。

といった感覚が浮かんでくる。しかし、意外にやってみるとすぐに経過したり、本を読む場合は半分ぐらい進んでいたりする。

僕は何かをやるきっかけを、時間で決めている気がする。
同人を描くきっかけ、プログラミングを勉強するきっかけ、ゲームをするきっかけ、ネットサーフィンするきっかけ、外へ出かけるきっかけ……
このきっかけを超えた後は、意外にも無意識的に目的に向かって進んでいたりするものだ。

きっかけを超える癖をつける。
これが何かを完成させる道に繋がるんじゃないかと思っている。


最近読んだ、王様の速読術でそんなことを思いました。

王様の速読術: 本は優秀な「家来」。だが、謁見時間は30分じゃ! (知的生きかた文庫)王様の速読術: 本は優秀な「家来」。だが、謁見時間は30分じゃ! (知的生きかた文庫)
(2013/05/22)
斉藤 英治

商品詳細を見る
スポンサーサイト

2012年になって

新年になりましたので、今年の方向性をだしていきます。
去年は、「準備」を念頭に置いて活動していました。

この「準備」とはどんなものを指すか。
いろいろな体験をしたり、方法を試したりして、考えて結論を出すということを僕の中の「準備」とします。何かを作ることではありません。
何かをやる、何かを作る。それは自分の人生の時間を投資して行う行為です。考えずに行動に走ってしまうと、途中で投げ出したり、人の時間を消費してしまったり、あまりいい結果になりません。
その行動をするべきかを判断する材料を、今年の「準備」と表現していました。

2011年、わかったことがあります。
僕は頭の中で考えすぎている。
何となく、今までの経験で補っている部分が多い。感覚でやっている。
だから僕はスロースターターだし、人に教えることが苦手なのかもしれない。
自分の考えを説明できる、必要がある。

また、去年は納得できる出来事が少なかった。
例えば会社で方針が発表される。が、納得がいかない。目標が見えない。
疑問に思うのだが、納得がいかない理由を僕が説明できない。
自分自身も周りの人に納得のいく説明ができなければ、その会社と同じになってしまう。
それでは駄目だな、と反省しました。

以下、2012年から気をつけていくことを書き連ねていきます。

続きを読む

MBF4お疲れ様でした!

5月3日、MBF4に参加の皆さん、お疲れ様でしたー!
MBF3から様々なことが起こった一年間でしたが、皆さん笑顔で参加している姿を見れてよかったです。
やっぱり、アイマスっていいものですね。いえ、最高ですね。

お隣サークルだった蜜柑電車さん、らてら亭さんも、ありがとう御座いました。

また次回のイベントで皆さんにお会いできることを、楽しみにしております。


以下、今回の個人反省会です。

続きを読む

The world is all one

世界中の手をとり、The world is all one.
【prayforjapan】世界から届いた日本への祈り




できるなら、僕もみなさんに笑顔を届けられればいいんですけど、その力がまだない。
こういう力を持っている方は、励ますことができる僕らのヒーローです。そんな子供のころに憧れていた、ヒーローに僕はなりたい。

2009年、2010年引用した名言と、自分の発言でおっと思う言葉をまとめる

2009年

100の妄想よりも、1の現物



「何か目標を設定したときには、すぐにそれを支える行動をしよう」
彼はそう提案している。
お金をためる、と決めたらすぐに財布の中の小銭を貯金しよう。
やせる、と決めたらその場で腕立て伏せをしてみよう。
ちょっとしたことでいい。
ただしそうすることで、自分は選んだ目標が実現に向かっているということを認識できるようになる。
人は何かを目指すときに進歩があるかどうかを確認したいという欲求がある。
少しずつでも何か行動を起こしている、という実感を常に持つ必要があるのだ


【東京ブック】 目標を立てたらすぐに行動しよう


まずチームには明確なリーダーがいた方がいいと思っています。
そしてできたらそのリーダーは、率先して手本を見せる必要があると考えています。
例えばモデルを作ってもらうにしても、先に自分で見本のようなものを作ってしまう。
そういう風に手本を示さないと誰もついてこないと思うんですよ。


同人開発のインタビュー


クソゲーでいいんですよ。同人なんだから。
私自身、ネタゲー、クソゲが大好きですし。
自分が作りたいものを作った方がいい。
面白いと思われるとゲームを作るよりも、自分が楽しんで作ればいいじゃん!って。


同人開発のインタビュー


「考える」という言葉を非常に安易に使っている人が多いと思う。学生に「考えてきたか?」と尋ねると、「考えましたが、ちょっと良い案を思いつかなくて」と言う。「じゃあ、悪い案を幾つか見せなさい」と言うと、きょとんとした顔で、「いえ、悪い案も思いついていません」と言う。「考えましたが、まだ、ちょっとまとまらなくて」と言うから、「では、まとまらないものを見せて下さい」と言っても、たいてい見せてもらえない。
 こういうのは、僕の場合「考えた」とはいわないのである。
 「いろいろ考えてはいるんですけどね」と言い訳する人には、その「いろいろ考えたものを見せてくれ」と頼む。ところが、たいていは、せいぜいあっても1つしか案がない。1つの案しかないのに「いろいろ」なんて言うなよ、と思う。1つでは選べない。これでは何を考えていたのか、問いたくなる。


アイマスMAD/PV制作TIPSまとめwiki 心構え


本当にゲームを作りたいやつは願書を書く前に、自分でゲームを作っていますよ。会社に入るのは就職であって、それが即ち創作ではない。当時の私は自分のゲームを他人に作ってもらおうと、頼る気持ちがあった。


「制作会社に採用されなくてよかった」原作者・竜騎士07の挫折と下克上(後編)


「1週間で作れないものは1ヶ月後にも出来てない」と「批評家の銅像は立たない」は物作り系の至言。


いやな法則



2010年

正直に言って、この本は易しくはない。少なくとも、対象の持つ本質的な難しさ以上には易しくはなっていない。しかし、だからこそ本書は面白い(かもしれない)のだ。
自分の能力より劣るものばかり相手にして面白いわけがない。見た瞬間に答えがわかるパズルを解く奴はいない。半分で犯人がわかる推理小説はつまらない。能力をギリギリまで使い切り問題を解いてこそ本当に知識を自分のものにできる。本書はそんな理想論をバカみたいに実践した本である。「難しいから面白い。」本書を通じ、そう思ってくれる人が一人でも増えてくれたら嬉しい。


Rubyソースコード完全解説



思考と目標が結びつかない限り、価値ある物事は達成されえない。

私たちは、自分の環境を直接コントロールできないかもしれません。でも、自分の思いは完璧にコントロールできます。

人々の多くは、環境を改善することにはとても意欲的ですが、
自分自身を改善することには、ひどく消極的です。


みんなの名言集




イチロー選手

自分がわからないことに遭遇する時や、知らないことに出会った時に「お、自分はまだまだいける」と思います


イチロー選手


そのドキドキする感じや、ワクワクする感じが勝負の世界にいるものの醍醐味ですし、それがない選手では、全くつまらないですから


イチロー選手


あそこの空間でしかわからないことって必ずあると思うんですよ。バッターボックスでしか感じられない感覚、においだとか雰囲気だとかね。あそこでしか生まれないものってあるから厄介なんですよね。


イチロー選手


夢をつかむことというのは、一気にできません。
ちいさなことをつみかさねることで、いつの日か、信じられないような力を出せるようになっていきます。


イチロー選手


考えて、実行して見せてやることの効果が大きいです


イチロー選手


「できなくてもしょうがない」は、終わってから思うことであって、途中にそれを思ったら、絶対に達成できません。


イチロー選手


あこがれを持ちすぎて、自分の可能性をつぶしてしまう人はたくさんいます。
自分の持っている能力を活かすことができれば、可能性が広がると思います。


イチロー選手


自分のできることをとことんやってきたという意識があるかないか。
それを実践してきた自分がいること、継続できたこと、そこに誇りを持つべきだ。

ここまで来て思うのは、まず手の届く目標を立て、
ひとつひとつクリアしていけば、
最初は手が届かないと思っていた目標にもやがて手が届くようになるということですね。

自分を殺して相手に合わせることは、僕の性に合わない。
まして上からいろいろ言われて、納得せずにやるなんてナンセンスだと思います。

やってみて「ダメだ」とわかったことと、
はじめから「ダメだ」と言われたことは、違います。


イチロー選手





自分の発言

続きを読む

プログラミング関連ブログ

ハッカーと同人作家

プログラミング関連雑多などは上記のブログにて。

twitter

プロフィール

ふぃなっぷ

Author:ふぃなっぷ
ふぃなっぷです。こんな名前だけど、男性です。
好きなことを楽しくやっていきます。同人ゲームを制作したり、本を書いたり。
同人を通じて成長していけたらなぁと思っています。

>∩( ・ω・)∩< テーレッテー
ζ*'ヮ')ζ∩< テッテッテー

ご意見、ご感想、お問い合わせはこちらからどうぞ

応援中

相州戦神館學園 万仙陣 応援中! Dies irae ~Amantes amentes~応援中!

ブロとも申請フォーム

QRコード

QRコード

FC2カウンター

エリア51

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。