FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ラーメンからはじまった、新しい視点に気づける方法について

文章は得意ではないので、わかりにくいと思いますが、まとめる気力がないので自分用のメモとして書き記しておきます。


夕飯を食べようと思った時、昨日から体調が悪くて元気が無かったので、「肉を食べよう!」と決めました。元気が無い時には、肉を食べれば回復する!そう、カリオストロの城のルパンのように。

何を食べようかと思ったときに、ちょっと食べてみたいラーメン屋があったのでそこにしました。
ラーメンで肉と言ったら、チャーシュー麺。
というわけで、ラーメン屋「ごっつ」のチャーシュー麺を食べにいきました。

この「ごっつ」のラーメンは、「普通でも脂が多いのですが、普通でよろしいですか?」と聞かれるほど脂っこいらしい。とりあえず、この店での基準を知るために普通で頼みました。
そして、チャーシュー麺が到着。
黙々と食べる。口に運んでも特に脂っこい感じはなく、麺をすする、チャーシューを食べる。

特に脂っこい感じはしないなーと思いつつ食べるが……事態は一転。
途中、どうも身体が口に運ぶのを拒否しはじめる。この感覚は……お腹いっぱいの信号!?

ここで考えを巡らせる。
5時間ほど前に食べたパンの影響?実は脂っぽいので身体が拒否している?など、最近お腹いっぱい食べたことないので、苦笑いしつつ考えてました。
とりあえず、もう少し食べることができれば、スープの中に、麺も、具も沈む。

結果、食べました。水で流し込むようにして食べました。正直、味はまずくないのにこんなことになってしまって、ラーメン屋には申し訳なかったです。
そして、外に出ると……原因が掴みました。

……お腹がぷっくりと膨れている!明らかに食べ過ぎだったのだ!
ふふ……久し振りの感覚だったからわからなかったぜ……と思い、とりあえずコンビニへ向かう。

続きを読む

ないんだったら、作ればいい

ふと思いついたので書きます。
締め切り直後じゃないと動けない自分があるなーとよく書いていましたが、ならば締め切りを作ればよいと思いました。

例えば、締め切りは一ヶ月後。毎日家に帰ったら1時間プログラミングをすると決めます。
そうすると、1時間しかないのですぐに手をつけます。1時間後が締め切りになるからです。今日はここまでやろうとスケジュール感覚もつきますし、1時間で可能な見積もりもできるようになります。
なんだかんだで、積み上げられて、作品が出来ます。

忘却曲線対策にもなりますので、早速実行してみなければいけませんね!


なぜ締め切りが必要なのか?
締め切りがあると何が変わるのか?

それは僕は悩むことが多く、悩みすぎる傾向があります。悩みすぎて行動が遅れるのです。
逆に結論が早すぎて、分けわからないこともやりがちですが、結論を出せばそれだけやった後に反省できるので、そちらの方がよい選択な気がします。
あ、行動するうえで気をつけなければいけないのは、目先の結果•人気に目を奪われないことですかね。将来どうなるかを考えて行動するのが重要かと。やはり好きなことは、太く長くやっていきたいですからね。

あと最近は、「仕事があったのでできませんでした」といったできなかったときに外的な言い訳を言うのは止めようと心がけています。そうすると、僕自身の何を変えればできるようになるのか考えるようになるからです。
相手や環境はいつでも変わる可能性があるので、それをいつも自分好みに変えるなんて大変ですし、望み通りになるとは限りませんからね。仕事は仕事、プライベートはプライベートとメリハリをつけたいのもあります。
名言では、ジェームズ•アレン氏のが近いでしょうか。

思考と目標が結びつかない限り、価値ある物事は達成されえない。

私たちは、自分の環境を直接コントロールできないかもしれません。でも、自分の思いは完璧にコントロールできます。

人々の多くは、環境を改善することにはとても意欲的ですが、
自分自身を改善することには、ひどく消極的です。


みんなの名言集



というわけで、未来の自分自身のために今の考え方を残しておきました。イチロー選手のバッティングのように、いつもこの文章を見ている僕の考え方が最高になっていると信じていますよ。
やはり最後はイチロー選手の言葉で締めましょう。

自分のできることをとことんやってきたという意識があるかないか。
それを実践してきた自分がいること、継続できたこと、そこに誇りを持つべきだ。

ここまで来て思うのは、まず手の届く目標を立て、
ひとつひとつクリアしていけば、
最初は手が届かないと思っていた目標にもやがて手が届くようになるということですね。

自分を殺して相手に合わせることは、僕の性に合わない。
まして上からいろいろ言われて、納得せずにやるなんてナンセンスだと思います。

やってみて「ダメだ」とわかったことと、
はじめから「ダメだ」と言われたことは、違います。


イチロー選手

BUNBUN回る、出会いの輪

面白そうなADVの小論がありました。AVGの演出技術についての覚書というタイトルで、ADVの演出に関しての情報と考察が書かれています。
最近ではシュタインズゲートが演出の面でも注目されていると思うのですが、演出よりかは選択肢のシステムがシナリオと世界観にマッチしていたのが効いたのかもしれませんね。
ネットサーフィンはゲーム情報誌などでは絶対に残っていないような情報がまとめてあったりして面白いですね。
また、この記事を見つけようとしていた訳ではなく、ふと発見できてしまうのが面白いです。

実は最近、同じことでとある人との出会いがありました。
BUNBUNさんというイラストレーターの方です。

BUNBUNさんと出会ったのは、Amazonでした。これを購入したお客様はこれを購入していますの中に、好みの絵柄が見えたのでクリックしました。
BUNBUNイラストレーションズBUNBUNイラストレーションズ
(2009/03/12)
BUNBUN

商品詳細を見る

かわいいですね。
どうやらページ数も多く、参考になりそうなので検索するとあっさりホームページを発見しました。

まず行ったのは、絵柄を参考にすること。真似することで、いい影響を及ぼすのか、悪い影響を及ぼすのかを判断してみました。結果は良く、今の僕の絵柄のカタチにマッチしました。絵柄で迷走していた部分が晴れ、成長した気がします。
買っておかないと損すると思い、この本を検索するもラフ画などが収録された限定版が存在する模様。でも発売は1年前。入手するのは、ほぼ絶望的。
通信販売はメンテナンスで使えなかったので、行動するしかないと思い、限定版が発売したゲーマーズへ行くと…発見しました。
これは運命しかないと思って即購入し、これから参考にしていくことを誓いました。

ネットサーフィン中の思いがけないリンクが、この新しい出会いを生みました。
ただネットサーフィン中に見ただけでは購入まで至らなかったでしょうし、様々な要因があってここまで到達できたことが面白いと僕は感じています。


出会いといっても一目惚れみたいなもので、BUNBUNさんは僕のことは知っていないんですけどねw

これが「演出」なのだっ

元日、アニメーション監督大地丙太郎さん著の”これが「演出」なのだっ”を読みました。
アフタヌーン新書 010 これが「演出」なのだっ 天才アニメ監督のノウハウアフタヌーン新書 010 これが「演出」なのだっ 天才アニメ監督のノウハウ
(2009/08/11)
大地 丙太郎

商品詳細を見る

かなり参考になったので、後々思い出すために書きます。大体は本の中に書いてあるのを書いているだけなので、細かいことは本を読んでくださいね。
演出はアニメーション以外でも、ゲームでも存在します。特に最近はCGでバリバリ動きますので、演出に制限なくつけることができますね。

まず大地監督は、「間」が命とのことです。
ギャグを言うタイミングや、緊迫したときの無言が続く「間」など、「呼吸」「リズム」「テンポ」がある。これを崩してしまった場合、かなり評価が下がるとのことです。
見ている人がついていけなくなってしまうわけですね。

次に「オチ」が大事ということ。
ラストシーンがよければ、かなり評価が上がる…と。とにかくラストを印象的にすると、思い出の中で美化されてよい。実際にもう一回見てみると、案外いけていない…とかがあるみたいです。

まとめると、どんなにつまらない作品でも、「間」がよく、「オチ」がよければかなりよい作品になる。(と錯覚させることができる)
さらによくするために必要なのが、「つかみ」です。

続きを読む

初コミケ反省会 すぐに行動することが大切

反省会です。

今回はP30のプロトタイプ版を30枚、残りのコピー本を持って行きました。
結果を言いますと、すべて頒布終了しました。ありがとう御座います。

今回はかなりギリギリを渡っていきましたが、なんとかゲームを頒布するという目標を達成することができました。少し成長することができました。

本当に、少しずつ、少しずつですが、進んでいると感じています。

この支えになったのは、夏コミを落ちてしまったサークルを考えたら、出すべきものを落とすわけにはいかなったのがあります。しかし、一番後押しされたのは、Skypeのメッセージ欄に書いておき、毎日見ていたイチロー選手の言葉だったのかもしれません。


「できなくてもしょうがない」は、終わってから思うことであって、途中にそれを思ったら、絶対に達成できません。



自分の身体の限界を感じながらも、仕事と趣味のゲーム制作をやることを続けました。コミケ二日前の日記から頒布物を見ると、どれだけのペースで進んでいたのかがわかるかもしれません。
あの時点では、当たり判定が実装されていたあたり……なぜ、僕はこのペースを毎日続けれることができなかったのか。毎日小さなことを積み重ねることによって、もっといい作品ができたはずと思うと、正直悔しいです。

僕がやるべきことは、冬までにこの作品を完成させること、せいじんしきVerの修正パッチを作ること。


完成させるためには、自分自身をさらに知って、失敗した点を直していかないといけません。
そこで最近、人には2つのタイプがいることが感じられまして、終盤になると爆発的に力を発揮するタイプの人と、コツコツと毎日積み重ねるタイプの人がいるんだと。
僕はもちろん前者なのですが、もし、後者の力を手に入れることができたら、僕はどんな作品を作ることが出来るのかと思うと…楽しみです。

周りの方を見ると、大方前者の方だと思うのですが、コツコツできる人はいるのか?との疑問になるかもしれません。

続きを読む

プログラミング関連ブログ

ハッカーと同人作家

プログラミング関連雑多などは上記のブログにて。

twitter

プロフィール

ふぃなっぷ

Author:ふぃなっぷ
ふぃなっぷです。こんな名前だけど、男性です。
好きなことを楽しくやっていきます。同人ゲームを制作したり、本を書いたり。
同人を通じて成長していけたらなぁと思っています。

>∩( ・ω・)∩< テーレッテー
ζ*'ヮ')ζ∩< テッテッテー

ご意見、ご感想、お問い合わせはこちらからどうぞ

応援中

相州戦神館學園 万仙陣 応援中! Dies irae ~Amantes amentes~応援中!

ブロとも申請フォーム

QRコード

QRコード

FC2カウンター

エリア51

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。